2013年12月15日

ブッくんについて考えてみた

いまや、すっかり有名になってしまった「リブライズ」というサービスがあります。バーコードリーダー(とパソコン)と本棚があれば、誰でも図書館オーナーになれてしまうという素敵なしかけです。直近では、コミュニティを生み出す仕組みとして評価され、2013年度 グッドデザイン賞を受賞されるなど、活躍の幅が広がっている感じで喜ばしい限りです。

我がHanareでも、わたくしの蔵書の一部を貸し出しできるようにしておりますが、今日はそういう話ではなく、あるキャラクターについて考察してみたいと思います。

IMG 1673

上の写真は、リブライズの卓上タペストリーなのですが、一見パンダのようなたぬきのような謎の生き物が描かれているのがおわかりかと思います。

ある人は、このキャラクターを見て「パンダたぬき??」とのたまわりました。見たまんまですね(笑)。

このキャラクター、リブライズ公式海賊版キャラ「ブッくん」といいます。困ったことに公式Webサイトもないようですし、間違ってもWikipediaにも記述は載っておりません(たぶん)。唯一手がかりになるのは、Facebookページのこちらです -> 「ブッくん

ブッくん

なんとも情報が少ないブッくんですが、特徴はこの愛くるしいお顔ですね。

よーく見てみると、目の周りが本を開いているかのような形になっています。

白い丸に、黒い本の形、これだけあればひょっとして何でもブッくんぽくなるんでしょうか?

というわけで、実験してみました。

1397214 10201678233611739 218924983 o

米粉の白いパンケーキに型に合わせてココアパウダーを振ってみたところ・・・・・確かに、ブッくんにしか見えません。

なんだか、面白くなってきたのでもう一つ試してみました。

IMG 1452

やはり、ブッくんにしか見えません。おそるべし、デザインパターン!?

ますます面白くなってきたので、季節柄ブッくんケーキを考えてみました・・・が、リブライズの中の人達から、そういう面白いことには呼んでくれと懇願されてしまったため、ブッくんカフェというよくわからないイベントをやることになってしまいました。

ちょうどクリスマス前の3連休の間に、その「ブッくんケーキ」は世に誕生するはずなのですが、果たしてどれくらいブッくんになっているか今から楽しみです。

この駄文は、リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜 Advent Calendar 2013の12/15分としてエントリーさせていただきます。他の皆さんの真面目なエントリーも是非あわせてご覧下さい。

2013年9月5日

ふくろう君と遊ぼう

この夏は、2カ所のふくろう好き萌場所に出かけてきました。

1つは、都内の高円寺にある「大人のふくろうカフェ Cafe Baron」。

小型のメンフクロウのバロン君と、大型のカラフトフクロウのジョン君が待っています。二羽のふくろう君達はとても人に慣れていて、特にジョン君の方は堂々たる態度で落ち着いたものです。


2013年2月22日

日経MIX同窓会

むかしむかしのおはなしです。
まだインターネットの「イ」の字もない時代、それでもPCが家庭や会社にちらほら存在するようになった頃、PCと電話回線を使ってコミュニケーションを楽しむ文化がありました。「パソコン通信」ってやつですね。
改めて思い返してみると、確かにその時代「文字」中心のコミュニケーションではありましたが、考えてみると今のFacebookやTwitterとやってることじたいは本質的になーんも変わってない気がします(笑)