2009年6月6日

間抜けなSP2

あまり一般ユーザーには関係ないMicrosoft製品に「SharePoint」というのがあります。現行2007というバージョンですがその1つ前は元々妙なトラブルを多く体験した上にそれを修正したはずのSPをあてるとまた分けのわからん現象が起きると・・いろんな目にあいました。

2007になってだいぶましになったらしく、よく売れているそうです。先日Office系のSP2が出たのと同時にSharePointのSP2もリリースされました。これはOffice系サーバー製品という扱いだから当然と言えば当然なんですが・・・

なんと、このSP2にえらく間の抜けた問題があることが発覚したそうです。

http://www.microsoft.com/japan/sharepoint/letter/20090525_01.mspx

要約しますと・・・なんとSP2をあてると評価版をインストールした状態になり180日後にはシステムにアクセスできなるとか・・・いやー、どういう品質管理をしておるんじゃ(`へ´)

既に入れてしまった人はプロダクトキーの再設定をすればいいそうです。・・・・入れちゃったんですよねぇ・・・・テスト環境ですけど・・・・