2007年5月21日

讃岐うどん

からっとしたいい天気の日曜日。子供らにせがまれて久しぶりにうどんを打った。

粉は買っておいた「讃岐の夢2000」という国産の讃岐うどん専用の小麦粉である。この粉は新橋にある香川・愛媛の特産品ショップ「せとうち旬彩館」で買うことができる・・・こともある。

一時讃岐うどんが大ブームになったが、その時はこの粉が手に入らずに残念な思いを何度かしたものだ。

面白いもので、この讃岐うどん用の粉を使ってうどんを打つと、新宿にある有名な麺通団で食べるのと同じようなのどごしのよい、しかも腰が強いあの独特の麺になるのだ。

このうどんと、タマネギと豚肉を酒と醤油で煮付けた即席の具、キムチなどにぶっかけうどん用の醤油をかけ回して食べた。太さといい、ゆで加減といい我ながらうまくいって嬉しい。

明日は新橋の方に行く用事があるので、時間を取って粉を仕入れておかないと。