2007年4月29日

羊山公園にて

GW前半三連休の中日。あっぱれな快晴の下、秩父は羊山公園まで芝桜の撮影に行ってきた。一応、ニコン塾関係の方にお声はかけたのだがピンポイントのスケジュールだったこともあり、ご同行の士はOさんお一人となった。というわけで中年おじさん(失礼)二人のミニ撮影会である。

西武秩父線の横瀬駅(よこぜと読むらしい)に集合して、さて出発。

羊山公園の芝桜。ここ数年で急に宣伝するようになったらしいのだが、その効果と今日のお天気も手伝ってかなりの賑わいとなっていた。

羊山公園そのものはかなり大きな施設らしく、芝桜はその一角に植えられているようである。何種類かの色違いの花がカーペットの様に敷き詰められており、たちのぼる花の香りも圧倒的でなかなかの眺めである。

しかし、それにしても今日は天気がよすぎて暑いぐらい。気がつくとカメラのボディがあちち状態である。人間の方もこれではたまらんし、花も接写してみると心なしかぐったり気味。

ちょうどお昼もすぎた時点で、丘の斜面の木陰に逃げ込んでランチタイム。吹く風がここちよく、思わず昼寝しそうになったが・・・気がつくと陰となった一角の芝桜がとてもいい感じ。光り方が少し変わっている花を見つけて、あわててカメラを構えなおして接写してみる。

よく見ると、偶然タンポポの種が花びらの上にのっている。なかなか可愛らしい。

芝桜を撮り終えて、西武秩父駅に向かって移動。道の途中で目についた花など撮りながら1時間ほどで到着。駅前もかなりの混雑で、特急のレッドアロー号は無論満席である。仕方もないのですぐに各駅停車の西武秩父線に乗り込み、Oさんとは途中所沢で別れて無事に帰宅。炎天下の撮影はなかなかきついものがありました。

今日のアルバムはこちらから。

20070429/羊山公園