2007年3月19日

春の家族旅行

娘が小学校を無事卒業ということで、かねてから計画していた鴨川シーワールドに小旅行に出かけた。知っている人はとてもよく知っているシーワールドであるが、知らない人もいるであろう。詳細はこちらあたりから -> http://www.kamogawa-seaworld.jp/index2.html

ゆっくりするためには1泊ぐらいは必要ということで、これまたいつも利用しているシーワールドに隣接するシーワールドホテルを利用することに。ちょうど春休み直前の格安パックがあったのでそれ利用して家族4名で往復の旅費+宿泊代+シーワールドの2日分フリー切符で計5万円ちょっとで出かけることができた。

日曜日の昼前に家を出発。まず我が家から東京駅まで電車を乗つぎ、続いて東京駅13:00発のわかしお号にて安房鴨川まで。2時間少しでこの電車の旅は終わり。安房鴨川駅からホテルの送迎バスで5分足らず。無事に鴨川シーワールドホテルに到着する。

フロントでチェックインをすませてまず部屋で小休止していると、ホテルの方が部屋までなにやら説明し忘れたことがとやってくる。なんと、今回で4回目の利用なのでいろいろ特典があるのだとか。普通は青のフリーパスが赤くなり、売店・レストランでの利用が10%割引になるのだそうだ。ちょっと嬉しいサービスなり。数えてみるとこのホテルに泊まったのが4回目。親子で寝袋持参してシーワールド内に泊まるというイベントに2回参加しているので計6回目のようだ。

さっそく赤くなったフリーパスを持ってホテルの隣のシーワールドへ。ホテルの端っこから出入りができるのでとても楽なのだ。時刻はすでに夕方でめもしいショーは終わっていたのだが、シャチのショーが後半だったようで、少し離れた場所で見物。

そのまま、園内を散策しベルーガのショーを見物してこの日は終わり。

夕食はホテルのバイキング。思いの外にぎわっている。季節もよくなるし、といって春休みの直前で料金が割安と考えることは皆同じようだ。

その後、のんびりと部屋でくつろいでいで・・となるはずが、アクシデント発生。どこをどうしたのかよくわからないのだが、息子がホテルの部屋のドアでふざけている間に指をはさむかどうかして爪をはがしてしまったらしい。その瞬間を見ていなかったのだが、家内があわててフロントにつれていき、そのまま近くにある救急病院へということになってしまった。

幸い、たいしたけがではなかったようだが、あまり動かさないようにという指示を一応もらったらしい。しかし、本人はそれほど痛みもないようでけろっとしている。やれやれ。

一夜明けての本日。娘は日の出を見ると張り切って早起きしていたようだが、あいくにくの曇り空で見ることはかなわなかったようだ。ホテルからはちょうど太平洋がよく見え、波を見ているだけでなんだか楽しい。

とはいえ、息子の指は一応痛々しい状態なので海に入ったりは当然できない。朝食をすませて、ゆっくりとシーワールドのショーを見て回ることにする。シーワールドの呼び物はさまざまな海獣達による迫力のあるショー(パフォーマンス)である。くるたびに微妙にそれぞれ内容が変わっており飽きさせない。特にシャチは、家族がだんだんと増えており、昨年も新しい子シャチが誕生したばかりとか。

かっては、父シャチ、母シャチがやっていたショーをいまでは娘シャチがやっていたりして、なんだか旅芸人の家族のようである。土産物などを買いつつ、一通りのショーをゆっくり楽しむことができた。

帰りは夕方の特急で東京についたのが6:40頃。思いっきり帰宅ラッシュの時間帯ではあるが、そのまま池袋までたどりつき、そこで夕食をとる。家についたのはなんだかんだで9時すぎ。たくさん撮った海獣達の写真を整理して、この日記を書いたところだ。

写真についてはこちらから -> http://nikonbeginner.blogspot.com/2007/03/blog-post_19.html