2007年2月14日

娘のチョコレート

今日はバレンタインデー。世のOLさんたちは、義理なんて無駄なことに金を使わずに本当に送りたい人にいい物を送ってあげればよいと思う。

しかし、チョコレートの世界というのも奥が深いようだ。先日NHKでフランスのチョコレートの祭典のドキュメンタリーをやっており、大変楽しんだ。特にショコラティエというチョコレート職人の創意工夫のさまが面白かった。原料のカカオにこだわる人あり、チョコレートに混ぜる食材にこだわる人あり、その組み合わせの妙にこだわる人・・どんな世界でも一流の人の仕事とは惚れぼれするものなり。

去年は、型に流したチョコレートをくれた娘だったが、今年はカカオの割合がことなる何種類かのチョコレートを1つずつ包装されたものをつめあわせたものをくれた。さっそく味見してみる。なかなかおいしい。

実はチョコレート好きでもある私はあっという間に食べてしまいそうなのをぐっとおさえないと・・・

ちなみに家内はビターとミルク2種の生チョコ。自分が食べたいと思うものを選んでくるのが彼女流。