2007年1月3日

三日とろろ

我が家(というか実家)では、お正月の元旦から精進をはじめる習慣がある。要するに肉・魚・卵などを口にしない。と書くとなんだかすごそうだが、牛乳も豆腐も餅も食べれるのでそれほどしんどいわけでもない。現代社会においては多少健康的と褒められる程度のことである。

そして正月3日の夕方に、精進明けとしてちょっとした御馳走を食べて最後にとろろ飯でしめるのが習わしである。今日も、すでに家を出てしまった私と真ん中の弟-この言い方はちょっと変なのだが、3人兄弟の真ん中という意味である-も実家に集まって会食となった。

すでに母親は数年前に他界しており、今では父と下の弟だけが暮らす実家なのだが、この日だけは孫たちもやってきて賑やかさを取り戻すのだ。

今年は姪っ子二人もだいぶ大きくなり(6才とまもなく3才)、特に下の子はかわいいさかりである。公園で遊ぶ姿を何枚か写真におさめた。

とろろの支度はもう手なれたもので、年に一度しか使わなくなった年代物のすりばちで丁寧に擂ったうえで出汁と卵を加えて味を調える。今や私の仕事となってしまった。

それから鉄板焼きやら刺身やらをつまみながら祝杯をあげる。もうみんな年だしそんなに食えないよ、と思っていたら子供たちが食欲を見せ、余るかと思った食材がきれいになくなってしまった。世の中うまくできているものなり。

すっかり酒も弱くなった父が居眠りをはじめたので、遅くならないうちに我が家は車で帰宅。ふだんから私は運転しなくなって久しいのだが、うちの奥さんは酒を飲まなiいので、こんな日でも安心して運転をまかせられる。

家について、例年のことながらようやく新年がはじまったなという感じがしてきた。