2006年12月29日

年賀状印刷

勤務先が年末年始の休みにはいったところで、ようやく我が家の年賀状印刷に。まず裏面を作るところから始める。今年は写真の素材もあったので、まあ簡単に。あとはひたすら印刷のみ。

印刷をしながら、ふと思いついて(これが思えばどじな話)Vista製品版のインストールをはじめてしまった。どうも、おかしなもので、同じデザインのものを印刷しているだけだからプリンタにデータ送ってしまえば終わりだろう・・とどこかで思っていたのだろう。レーザープリンタじゃあるまいし、安物インクジェットがそんな賢いことするわけもない。実際にはひたすらプリンタサーバーがデータを送り続けるのである。

問題は、そのプリンタサーバーになっている機械にVistaをいれはじめてしまったこと。大ぼけである。もちろん、本格的に使うつもりはなく、正式版でVistaのパフォーマンスが変わったかどうかちょっと興味があったというだけのことなのだ。印刷が全部終わってからゆっくりやっても全く問題ないことだった。

気がつくとリセットがかかる。当然プリンタはその瞬間、見事にぴたっと止まってしまいました。やれやれ、とりあえず入れるだけ入れてしまって、もう一回プリンタサーバーとして起動させ、続きを印刷。たいした手間ではないが、自分のどじが原因なので文句も言うわけにもいかず・・・・

前から考えてはいたのだがサーバーでいろいろやるのも限界。Vista用のPC用パーツを発注してしまった。ついでに、20インチのワイド型液晶も発注。うまくすれば、この休みの間に組み立てられるだろう。

ちなみにCore2 Duoの一番安いやつにメモり2GくらいのPCになる予定。やっと人並み?