2006年12月14日

モーツアルトの楽譜

最近、amazonとか本屋を見てものだめ関連グッズとしていろんなものが売られているようだ。といって、それほど変な物でもなく音楽関係ということで、CDやら楽譜入りのムックなどがほとんど。昨日、注文しておいたのだめ関連譜面が届いたので、眺めて楽しんだ。ただ、残念ながらモーツアルトの2台のピアノのためのソナタは収録されていなかった。

思えば、高校生の時に入っていた部活が「器楽部」というブラバンなんだかオケなんだかよくわからない音楽関係の部だった。要するに予算や部員の関係で楽器の構成が「めちゃくちゃ」だったのである。私はトロンボーンを吹いていたのだが、入部したときには驚くなかれ他の金管楽器はトランペットぐらいしかいなかった(おい)。他は、クラリネットとかフルート、なぜかバイオリンとギター、それにピアノ・・・普通ないよね。まあ、ピアノというのは実に便利な楽器で、足りないパートをアレンジしてしまえば何でもありなのである。

そんな変な構成だったわりには、志が高く「運命の4楽章」をやろうとか、「ワーグナーのマイスタジンガー前奏曲」をやろうとか、結構無茶な選曲をする。当然、楽譜が普通のものが使えない(使えたとしても高くて買えなかっただろう)。

で、どうしたかというと・・・なんとヤマハとかで売っている、小型の指揮者用スコアを買ってきて、そこからパート譜を起こしていくのである。パソコンも何もない時代、手書きで五線譜に写し取っていくのだ。まるで写経の世界である。

当時から、仕事を押しつけられやすかったのか(^^ゞ、結構いろんな楽譜を起こした。おかげで、オーケストラの勉強にはなりましたね。実際、その部からは結構音楽の道に進んだ人も多かった。個人のレベルは高かったのであろう。

アドミンパパは幸か不幸かピアノの練習をしたことがなかったので、そっちの道に進むことは全く考えなかったけど、弾けていたら少し人生が変わっていたかもしれないと思うこともある。

今日、ニュースを見ていたらモーツアルトの楽譜が生誕250年を記念してインターネット上に公開されたという。すごいと思って、さっそく検索してみたら、あったあった。2台のピアノのためのソナタの譜面である。おー、こんな和音だったのかと関心しました。一応楽譜は読めるので、ゆっくりならさわりだけ弾けそうな気もしました。もちろん、気だけに違いありません(苦笑)。