2006年11月14日

実践編(風景)スタート

ニコン塾銀座の夜間コース実践編(風景)が今夜からはじまった。銀座のニコンプラザははじめてなので、少し早めに勤め先を出て向かう。ちょうど有楽町と新橋の真ん中あたり、銀座のど真ん中である。どうも、あのあたりは苦手な場所で、ちょっと迷いかけたがすぐにわかった。新しいきれいな建物ですぐ上はホテルで某有名中華料理屋の別館まである場所の1Fだった。最新のデジタル一眼が並べられており、D2XsからD80まで一通り触ってみた。以前はとてつもなく重かったD2Xクラスがそれほど重く感じなくなったのは、多少は慣れてきたのだろうか?

とても狭い教室に三々五々人が集まってきた。初老の男女が多く、私と同年輩の方が若干名、若い女性も1人いた。実践編に参加する若い女性ってどんな人なんだろう。

講師の先生は山岳写真のプロの「菊池哲男」さん。写真集や雑誌「山と渓谷」の見開きなどを見せていただいたが、スケールの大きい山の写真に圧倒された。一応テキストはあるのだが、時間も2時間と短いこともあり、雑談気味に進められたがとても面白く聞いた。特にフレーミングの重要性や写真のイメージ作りなどとてもためになった。

次回はさっそく実習。こんどの土曜日に上野公園で行う。先日の御苑はひどい天気だったが、今度はもつといいな。